二の腕 ブツブツ

二の腕ブツブツが気になるときはお薬で

薄着のことが多くなる季節になると、気になるのが二の腕ブツブツです。

 

この二の腕ブツブツ、できる人とできない人がいます。

 

できている人は、間違った処理をせずにお薬で治すことをおすすめします。

 

このブツブツの正体は、お肌の苔とか垢のようなものなんです。

 

角質や角栓、毛が毛穴をふさいでしまってできています。

 

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)とか毛孔角化症(毛孔角化症)と呼ばれていて、二の腕
だけでなく背中や太ももにもできる方もいます。

 

このように正式な名前があるということは、皮膚疾患の一種になるのですが良性疾患と
いわれていますので、そのままにしておいても健康上心配なことはありませんのでご安心
ください。

 

この毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)は、早い方で小学生高学年からかかるもので、最も
多いのは思春期といわれています。

 

でも、30代になると不思議と消えていく場合が多いのですが中には残ってしまう場合もあり
ます。

 

気になるからといってニキビのように絞り出したり、ひっかいてはいけません。

 

穴が開いたようになってしまったり、バイ菌が入ったりして炎症を起こしてしまうこともあります。

 

皮膚科でも治療を受けることはできますが、毛穴を柔らかくする尿素入りのクリームなど塗り
薬が主流といわれており、悪性疾患ではないために治療を行わないところもあるそうです。

 

どうしても気になる方は、保険外で美容外科で治療を受ける方も増えてきているようです。

 

選択肢はありますがまずは、市販薬でお試ししてからお考えになってもいいと思います。