二の腕のブツブツ 尿素

二の腕ブツブツに尿素が効くわけ

二の腕がブツブツになってしまうのには、いくつか原因が考えられます。

毛孔性苔癬などという病名が付けられたときには、治療法はありませんと言われる事になります。
これは毛穴周辺が角化してしまった状態で、体質的な問題とされています。

 

ですから、自然に治りますと言われることになりますが、いますぐ治したいというときには、何かの手立てを考えてみましょう。
毛穴、角化、体質と来てしまったら、絶望的になってしまいますが、乾燥を防止することで、症状が軽くなることは考えられます。
皮膚は、生きていますから、毎日新陳代謝で生まれ変わります。
それを利用しない手はありません。

 

そこで、尿素入りのクリームがオススメです。

 

ブツブツと同時にカサカサしてしまう肌に水分を与え、保湿をすることで、効果が見込まれます。
そこで、単なるクリームではなく、尿素入りというのがポイントになります。

 

尿素は、角質が厚くなって、角化と言われる症状の肌を柔らかくする効果があるとされています。
皮膚の角化によって二の腕のブツブツができることがほとんどですから、尿素入りのケアは効果もあります。
単に水分を与えるだけではなく、必ず皮膚を柔らかくしてから水分補給をすることが大切。

 

そして保湿として、きちんと蓋をすることで、ブツブツも目立たなくなるとされています。
尿素がきっかけになりますから、角化した皮膚には、単なるクリームだけでは効き目がないということになります。