毛孔性角化症

毛孔性角化症は、毛孔性苔癬と同じ症状です

 

毛孔性角化症は、毛穴の角質層がつまってしまって、白い隆起ができることを言います。
原因は定かではなく、遺伝性の皮膚病の一つです。

 

顔、腕、足、背中などにできやすいとされていて、思春期頃からでき始めることから、ニキビと勘違いすることもあります。
似たような病名で、毛孔性苔癬がありますが、本質的には同じと考えてよいでしょう。
医師によって呼び名が違うと思ってください。

 

遺伝性ということは、両親のどちらかにも毛孔性角化症があるか?というと、30歳ころには自然と消えてしまうため、若いころにそういえば、という程度のものです。
ただ、背中いっぱいにできたり、あちこちに小さな隆起で悩んだという方にとっては、今になって病名が分かったというものかもしれません。
痛みもかゆみもなく、見た目にはきれいなものではない程度のものですが、隆起する部位によってはなんとかしたいと思っている方も少なくありません。
ただ、乾燥する冬には目立ってしまって、かゆみを感じる方もいらっしゃいます。
治療は本来ありませんが、尿素入りの保湿クリームが、かゆみ防止に良いとされています。

 

また、レーザーなどで強制的に消すことも可能ですが、加齢とともになくなっていくことが多いことで、自然と治ってしまうことが多いとされています。

 

毛孔性角化症の存在を厄介なものができたと強く感じる方、この部位はなんとかしなければ、という方は腕に良い皮膚科などに相談をして消すことをオススメします。